大洲調剤

薬剤師の在宅訪問

home healthcare

薬剤師の在宅訪問

薬剤師の在宅訪問とは

薬剤師の在宅訪問

社会の高齢化に伴い、介護施設やご自宅などで、在宅医療を受けている患者様が増えています。
そのような時代背景の中、薬剤師も、お薬の管理や服薬指導などを通じ、在宅医療に取り組んでいます。

大洲調剤では、施設やご自宅を訪問し、お薬についての効果や副作用などのご説明はもちろん、患者様やご家族としっかりコミュニケーションを取り、安心してお薬を飲んでいただけるように努めております。

薬局でできること(薬剤師の行う服薬支援)

1.

お薬についての説明や、他のお薬、食べ物・飲み物との飲み合わせをチェックします。

2.

お薬の1包化(1剤でも実施します)やお薬の粉砕を行い、患者様に飲みやすい方法を提案し、実施します。

一包化

一包化

分包されたお薬の印字内容(日付、医療機関名、薬剤名など)や朝、昼、夜で色分けなど患者様や施設様のご要望にお応えします。

お薬カレンダー

お薬カレンダー

曜日、飲むタイミング毎にポケットがあり、薬の飲み忘れなどのリスクや介護する方の負担を軽減します。

3.お薬についての効果や影響などの説明、体調の確認を行います。

4.お薬を配達いたします。薬局に行く必要が無くなります。

こんな方に

  • ご自宅や高齢者施設で訪問治療を受けていらっしゃる方
  • 足元が不自由など何かしらの理由で、病院や薬局に通院・来局するのが困難な方

高齢者施設様へ

お薬の管理には施設スタッフ様の多くの時間、負担がかかっている場合があるかと思います。
そのような事は我々にお任せ頂き、本来の看護、介護の業務に専念して頂きたいということが、我々の薬局の思いです。
医師や施設スタッフ様と連携し、患者さまの病気やお薬に対する不安解消をサポートさせて頂きます。
「お薬について」「飲み方について」「飲み合わせについて」「疾患について」など、聞きたいことはございませんか?
薬局がその窓口になります。お気軽にご相談ください。

薬剤師の在宅訪問の流れ

1番              

かかりつけ医師に相談し、薬剤師の在宅訪問について同意をもらいます。

↓

薬剤師がご自宅または施設に参ります。
在宅訪問についての説明のあと、患者様やご家族の方の同意が得られれば、訪問の契約開始となります。

2番              

薬剤師が、医師の処方箋に従い調剤、お薬をお届けします。

↓

患者様にあわせ、
お薬の粉砕・まとめ(一包化)のご提案、
お薬についての効果や副作用のご説明などを行います。

薬剤師がお届けします。
3番              

訪問後、薬剤師は医師に報告書を提出し、情報交換しながら連携してケアを行います。

ご利用料金について

法令に基づき、お薬代とは別に、1回の訪問毎に費用が発生いたします。
介護保険をご利用の方と医療保険をご利用の方で、負担金額が変わります。
医療保険分(お薬代など)は医療保険適用です。公費の補助がある場合は無料になることがあります。
詳しくはお問い合わせください。

おすすめ

薬剤師在宅訪問

薬剤師の在宅訪問

ご自宅や施設など、薬剤師が訪問いたします。

くわしくはこちら→
おくすり手帳

おくすり手帳

おくすり手帳の「4つの便利」をご紹介します。

くわしくはこちら→

Copyright(c)2015 Ozu Cyouzai All Rights Reserved.